聴いて観て話しメモする!

我街の庭花

紫陽花の剪定

  『紫陽花の剪定』  
  梅雨入りして、近くの公園では紫陽花が満開である。我庭の紫陽花は、花が少なく目立たない。来年の豪快な開花のために育て方を調べた~~  日本が原産で名前の由来は色々ある。集真藍(藍色が集まった物)
が 訛って『あじさい』平安時代に中国:唐の似た[紫陽花]を誤って漢字表記した説もある。
    味狭藍、安治佐為、阿豆佐為、安知佐井、止毛久佐、またぐりぐさ、七変化、八仙花 など々
◆庭のガクアジサイ   日本の原種    開花後に繁り過ぎるのでバッサリ剪定していたが~~ 
Gaji2Gaji1
街で見かける鞠のような、ホンアジサイ(狭義:アジサイ) ※こんな紫陽花(手鞠咲)の開花のために!
HAji土壌のPH(酸性度)で花の発色に変化が生じる
酸  性 >青
アルカリ性>赤
青発色:酸性肥料,アルミニウムを含むミョウバンを与える  
◆アジサイの育て方http://www.yasashi.info/a_00010g.htm 
Sentei【二段階の剪定】来年の花を楽しむために失敗が少ない
・1度目の剪定、花が咲き終え後、花から2~4枚の葉の位置で枝を切り詰める。小さくする場合は短く切り詰める。
・二度目の剪定、秋の初め:1度目の剪定で切った直ぐ下の芽が伸びて新枝になる。その一つ下の葉の付根に翌年咲く花芽ができる。その上で切り詰める。
【一段階の剪定】 2度の剪定が面倒な場合
・花後すぐに花の咲いた枝を、花が咲かなかった枝との分岐点で切り落とす。即ち[花の咲いた枝は切って、今年花の咲かなかった枝を残す]ということ。 
    翌年咲く花芽は10月頃に完成して冬に備えている。翌春には、芽を吹いて花を咲かせるだけ。9月中旬以降に、枝が邪魔でバッサリ切ると、翌年は花が咲かない。どうしても切りたい場合は、葉の付根に花芽が確認できるようになってから
行う。今年伸びた枝に花芽が付くのは翌年の秋、そして花が咲くのは翌々年ということ!! 
   ★大いに納得!咲き終えた後の剪定が肝要  ホンアジサイの鉢は既に売切れ、来春に期待
     
関連記事



*Edit   
  • Home Computer の更改
  • 庭の風車