聴いて観て話しメモする!

地理空間情報の活用

虎ノ門ヒルズと 都内環状道路

   『虎ノ門ヒルズ と 環状2号道路』 
TD   先に開業した虎ノ門ヒルズが注目されている。
JR線から高層ビルが良く見えるが、その場所が解らない。環状2号線が地下を通る?マッカーサ道路が完成?シャンゼリゼ通りに匹敵するプロムナード?東京五輪に使う?など~  地の利がない者は何の事やら理解に苦しんでいた。 興味津々~ 地下鉄:虎ノ門から徒歩で出向いた。2階ロビーで『トラのモン』が迎えてくれる。ドラエモンとコラボ開発されたもので、流行のパクリ人形ではないらしい! まずは,都内の環状道路が何処にあるか?謎解きする。最近はカーナビ任せで、道路地図をまともに見る機会が減り、最新の広域道路事情に疎くなっている!
  
◆虎の門ヒルズ とマッカーサ道路(通称)                 ※クリックで拡大  
   
Mca.jpg環状2号線のごく一部(マッカーサ道路)が開通した。新橋・虎ノ門の1.8kmの地下トンネルは、虎ノの門ヒルズの地下を貫通する。平成元年(小泉政権)
の規制緩和で道路上の高層ビル建設が許可され,森ビルが建設整備に着手した。地上52階建て高さ247m(都内2番)、事務所・ホテル・カンファレンス・商業施設の複合超高層タワーが,2014年6月に開業した。環状2号線の一部になる新橋‐虎ノ門間の地下道路も合わせ開通した。舛添知事の開業の挨拶では、1年後には地上道路:「新虎通り」の愛称で国際色豊なプロムナードに整備するらしい。

◆東京都心:環状道路(1~8号線)
とは                     ※ クリックで拡大
都市環状線 環状道路計画は、関東大震災後の帝都復興計画
:後藤新平、
また戦後の首都復興計画:マッカーサで生まれた。当初の構想から80年、完成しているのは環状8号線だけで,まだ道半ばである。構想は東京都建設局の道路整備計画として引き継がれている。個別に細分して事業推進するため全体構想が覗えない(~ようにしている?)
  * 環状1号線(内堀通り・永代通り・日比谷通り・晴海通り)皇居一周
  * 環状2号線(外堀通り・マッカーサー道路・新大橋通り・都有明線)ほぼ未完
  * 環状3号線(清澄通り・外苑東通り・播磨坂桜並木・言問通り・水戸街道・三ッ目通り) ほぼ未完
  * 環状4号線(外苑西通り・環4通り・不忍通り・明治通り・丸八通り)-東側は四ツ目通りが環4? 晴海,お台場付近の地下トンネルが出来ると、環状道路が完成する
  * 環状5号線明治通り)-環状5の1と2号線に分かれる  半周しかない
  * 環状6号線(山手通り) そもそも西側の計画しかない
  * 環状7号線(環七通り) 前回の東京オリンピック開業で造られた
  * 環状8号線(環八通り) 唯一全線が開通している  西側の荒川手前で環7に合流


◆首都圏三環状高速道路とは (圏央道、外環道、中央環状線)    ※クリックで拡大
高速環状道    関東都心を囲む環状高速道路網の建設進捗は遅々としているが、国土交通省関東地方整備局の建設着手から50年経て、やっとゴールの姿を垣間見ることができるようになった。因みに日本初の自動車専用道路開業は、京葉道路
1960,首都高(京橋・芝浦間)1961年である。1964年東京オリンピック開催が契機となり、全国の高速道路や首都高速道が誕生した。
  *首都高速中央環状線(中央環状線) 新宿 渋谷 池袋の副都心を環状に連絡。
      中央環状品川線(9.4km)開通が悲願、首都高速道路会社が事業母体
  *東京外かく環状道路(外環道) 都心からの放射状道路を相互連絡し都心集中の交通をバイパスする
  *首都圏中央連絡自動車道(圏央道) 都心から40~60kmに位置し延長300kmの高規格道路
 
 
今・来年度ktuに開通予定の高速道路区間を示す。長年期待していた都心を迂回するルートの実現に最大期待している。
道路施設の老
朽化対策工事、大災害応急対応業務など、未完成道路の建設以外にも多くの課題が山積みされている。また、準天頂衛星による高精度GPSを活用した自動走行も近い将来の研究課題である。
2020東京オリンピックを契機に、日本の総車輌台数に見合った道路施設の整備と、適確な資源投下を心がけてもらいたい。
   

関連記事



*Edit   
  • 西之島:新島 拡大中
  • もう一つの吉田調書>撤回報道で追記9/12