聴いて観て話しメモする!

地理空間情報の活用

Google Earthを利用した空間移動の模擬映像

 

Google Earth で空間移動を模擬撮影
  先の事件以降、規制の動きや自粛を促す報道で、屋外の空撮も遠慮気味~~  有用性を説く報道も見られるが、世間は危険吹聴する輩ばかり~~困ったものだ!      国産GPS準天頂衛星の投入で、高度150m以下の地理空間資源の(数mm誤差)な有効活用や、人が立入れない高所・危険空間の監視管理、作業効率・信頼度向上に寄与することは間違いない。   また熟練作業員の人手不足解消に期待されるツールである。人類なら、重力から解放され、自由に空飛ぶことは夢、、、 誰もが感激する。実機を使わずに、Google Earthの衛星、航空写真とストリートビューを使用して、空間移動を模擬撮影を試みた。PCマウス操作(操縦)による空撮(模擬)映像は、想いのほかにリアルで実像に近いイメージになる。KmD.jpg

  長野 上高地の上空から、だけ岳沢に沿って、上昇/下降した~  (模擬空撮:念の為!)
上高地上空から前穂を目指し上昇前穂高岳の稜線から岳沢を降下

『スイス:ツエルマットからマッターホーン山麓までの空間移動を模擬撮影』
『お台場からレインボーブリッジ、品川 日比谷 皇居 国会議事堂までの空間移動を模擬撮影』
『日本橋から銀座中通りを南行、東京タワー、芝増上寺の広場までの空間移動を模擬撮影』
『新橋から中通りを北行、銀座4丁目を通過、Googleストリートビューで車上移動する映像』

マウス操作の向上で、よりリアルな模擬映像が愉しめそうだ。単なるイメージ映像だが!
  

関連記事



*Edit   
  • Drone:無人航空機 の分類
  • カシミール3D で眺望シミュレーション