聴いて観て話しメモする!

電力・情報通信

世界を動かし、逞しい日本産業の礎となる情報・通信事業

 
『世界を動かし、逞しい日本産業の礎となる情報・通信事業』
                                                                 H22年2月        報告者:茨木幹夫 (諒承 要望により掲載)
  少し前(H22)に、情報通信:ICT産業最盛期の状況を纏めた資料で、興味深く拝読した。日本のエネルギ資源、歴史背景、経済・メディア情勢、国際問題、コンピュータ・通信技術などを関連付け、具体事例を交え容易な解説をしている。貴重な資料なので掲載承認を得て記録に残しておく     
http://watasumu.web.fc2.com/06JouhTush/01_EXP/151205_ICT.pdf  PDF:A3>A4 縮少 
     - 目 次ー
 【序】   日本は資源少国
1.情報・通信の変遷
2.日本の情報産業の現状ー経済大国を目指して (産業基盤を支えた情報・通信産業)
3.コンピュータの歴史
4.情報・通信産業の使用事例(日常生活では)
  事例1) 新聞制作システム  
  事例2) 新幹線の管理  駅での改札/予約   銀行での預金引出   通信カラオケ  スーパー/コンビミのレジ  カーナビ
5.情報 余話    情報の力と社会  ワッテルロースクープと情報
6.資源少国・日本の生きる道
    1.諸外国の主なICT(情報・通信)戦略
    2.企業別「国際特許出願』と「エレクトロニクス製品」

【結び】技術立国、貿易立国、 -勤勉さと教育の重要性ー
http://watasumu.web.fc2.com/06JouhTush/01_EXP/151205_ICTx.pdf PDF:A3>A4縮少
1.情報・通信関連  -最近の新聞の切り抜きニュース
2.朝日新聞社における新聞制作システム"NELSON”
3.早稲田大学 情報化事例
4.IBM産業スパイ事件


追補:情報・通信の技術開発、利用分野の発展は留まることなく急進展している。個人が何台ものコンピュータを使い熟し【社会生活の必需品:道具】となっている。新開発される先端技術:ICT は即座に普及して汎用技術となり、陳腐化もする。今後は、ICT固有技術の開発のみならず、ICT利活用(応用)分野の開拓がより重要! ニーズの開拓は、シーズの開発を導く源でもある。
  
    ~~ICT>ユビキタス>クラウド>IOT~~         
  
関連記事



*Edit   
  • 初冬の都心:紅葉とXmas
  • 八ヶ岳 晩秋編03