聴いて観て話しメモする!

地理空間情報の活用

CES2016 IEEE Drone

  海外の先進Drone News
◆CES:年初に米:ラスベガスで世界最大のICT分野の国際展示会(日本ではCEATEC)が開催された。 Image3_20160120124942a4b.jpg
対象分野は、IoT / スマートフォン/ 3Dプリンター/ ウエラブル/ ドローン/ ラップトップ/ VR
などのキーワードが上げられる。これまでの主役:TV/ 自動車も数多く展示される。 無名メーカーが、市場を塗り替えて行く勢いは、IoTで更に加速している。 Iot領域から、電気自動車のコンセプト・カーの出展も始っている。昨年に続きDRONEが注目を浴び、“Unmanned Systems”ゾーンに集約されている。中国企業が人乗りDroneを展示、仏Parrotは有翼 最高速度80km 飛行時間45分のDroneを発表している。 SONYもベンチャー企業と提携して、この分野に参入した。

   http://ja.catalyst.red/articles/ces2016
   http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1601/15/news058.html
◆IEEE Spectrum:
米国:電気学会誌のDrone特集号 記事から          *クリックで拡大表示
Drone.jpg     Webで『ドローン 空撮 ウェアラブルカメラ・・・』のキーワード検索すると数多な最新記事・映像が見つかる。その中で米国に本部を持つ電気・電子工学技術の学会誌:IEEE Spectrumが、Drone特集記事を繰返し掲載している。  今だに国内では、際物・悪戯・厄介者扱いで語る人が多く、やっと国際展示会も始まる処である。多くの大学・企業・研究機関で、本格的な開発取組が早急に日本でも始まる事を期待する。
   http://spectrum.ieee.org/aerospace/aviation/the-insiders-guide-to-drone-videography
   http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/aerial-robots/the-economics-of-drone-delivery
  米国Amazonが計画する宅配業務を可能にする、航空域の法規制が議論され定まりつつある。
   http://spectrum.ieee.org/view-from-the-valley/robotics/aerial-robots/drone-control-heres-how-amazon-thinks-drones-should-fit-into-us-airspace
   
関連記事



*Edit   
  • Drone:の最新空撮映像 例から
  • 準天頂衛星システム