聴いて観て話しメモする!

地理空間情報の活用

地理空間情報:No2:ラムゼイ歴史地図

  Google Earthで見る江戸新宿界隈古地図
 ラムゼイ歴史地図(Google Earthのサービス機能)をアドオン☑する
 
Google Erth地図とラムゼイ古地図の重ね合わせ処理   参照:MyBlog197
[レイヤ] > [建物の3D] > [立体写真モデル][箱モデル] [道路]をチェックすると、古地図に現在のビル・建物が重ねて現れ、400年前の時代と現在が重なる
◆江戸城内の最西端の新宿界隈を歴史地図と重合わせ表示する。
                                                          
※地図はクリックで拡大表示
a10.jpga11.jpg
ラムゼイ歴史地図地点は江戸城内4ヵ所1680年:徳川綱吉 江戸5代征夷大将軍
a31.jpga32.jpg
1799年:江戸寛永11年新宿界隈の現在と重合わせ
a51.jpga42.jpg
1858年:江戸末期安政4年新宿界隈の現在と重合わせ
m01.jpgM02.jpg
1892年:大日本全図東京地域を拡大
a41.jpga52.jpg
1892年:明治25年広域地図新宿界隈の現在と重合わせ
Mk01.jpgMk02.jpg
同上:新宿駅中央東口あたり新宿の現在と重合わせ
  位置の補正処理で、時空を越えた情景を合致して観れる。
街並み散策機能を駆使して現在の当該地点をウォーキング映像で見ることも出来る。モバイル端末を携帯して街角散策や歴史散歩すれば、興味も一段と深まる。
 

関連記事



*Edit   
  • 地理空間情報:No1:標高・陰影段採図
  • 地理空間情報:No3:今昔歴史Web地図